上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


XENOGEARSETC_SQEX-10042.png

今日で丁度12周年ですね。
懐かしい…。
当時私は小学五年生で
おこづかいをひたすら貯めて発売日に買いました。
(ひと月500円。つまり一年以上貯めて!)
そういったこともあり、ゲーム業界にとって革命的な作品であるのは勿論ですが、
同時に私にとっても色々と思い入れのある作品です。
ゲーム自体も面白かったですしね。
これやってた頃は頭の中がFF7だらけだったなぁ…。

閑話休題。

今日はこのゲームの主人公クラウドとゼノギアスの関係について。



FF7で劇中のある時期、クラウドに話しかけると
以下のようなセリフを聞くことができます。

クラウド
「百億の……鏡のかけら……
 小さな……ともしび……」

「とらわれた……天使の……
 うた声……。
 ……ゼノ……ギアス……」


なんと「ゼノギアス」と発言しているんですね。
これはFF7とゼノギアス両方の制作スタッフであった
加藤正人氏の仕業のようです。
…ルッカもそうでしたが、氏はこういったものを仕込むのが好きなんですかね。





XENOGEARSETC_ff7_xeno1.jpgXENOGEARSETC_ff7_xeno2.jpg

Cloud
"A billion mirror fragments......
 small......light......"

"taken......angel's......
 singing voices......
 ......zeno......gias......"


こちらは英語版。
しかしスペルが "zenogias" になってしまっていますね。
きっと誤植なのでしょう。
PC版のFF7では、ちゃんと "Xenogears" に修正されているそうです。





ゼノギアスは裏FF7と謂われるだけあり、
他にも色々な符合、接点がありますが、それはまたの機会に。



というか、もう12年なんですね…。
干支が一周ですよ。
私が今年で24になるので丁度半分。なんてこったい。





XENOGEARSETC_ff7_xeno4.png
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 R.P.G., All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。